スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イサーン歌謡を聞きながらのビールは、最高に美味い。

2013年3月27日

常日頃、若い女性歌手ばかり、追いかけていると、
もっと、ベテランや男性歌手もとか、偏っているとか、言われたりする。

しかし、食い物と一緒で、好きなものを食って何が悪い。
まず、はじめに好物を食べ、余裕があれば、そのほかも食べるのだ。

ただ、ベテランや男性歌手が嫌いというわけではなく、優先順位が低いだけだ。
他にこれといったキューもなく、近所なら、ちょっとのぞいてみようということになる。

続きを読む

スポンサーサイト

パタヤミュージックフェスティバル~中途半端でごめんなさい

2013年3月24日

パタヤミュージックフェスティバルの続きの続きです。

続きを読む

パタヤミュージックフェスティバル~お笑いが重要です。

2013年3月24日

パタヤミュージックフェスティバルの続きです。

続きを読む

パタヤミュージックフェスティバル~新兵器投入

2013年3月24日

時を問わず、お気に入りの歌手のライブが、バッティングすることは、よくあります。
体は一つしかありませんので、選択することになります。

その基準としては、

1)タレント・・・本来の優先順位といいましょうか。他の条件がすべて一緒なら、こちらを選ぶというときの基準。

2)現場までの距離・・・距離的にも、時間的にも近い方がいい。

3)頻度・・・前回、その歌手を見てから、どの位経ているか。

ルークトゥンマハナコンアワードの後、日本人ルークトゥン馬鹿軍団は、二手にわかれることになりました。

そむちゃい先生とSOIHIROさんは、近場のイムRsiamへ。

そして、我々は。。。

続きを読む

なんとなく後味が悪いのだ。

2013年3月24日

いかさまだ!いかさまだ!といって、机をひっくり返す。

そんな気分です。

続きを読む

調子の悪い時は、休みましょう。

2013年3月23日

一流選手の宿命。
それは、スランプとの戦い。二流だと、スランプとはいわない。
そして、常に第一線に出なければならない。故障していても。
しかし、僕は間違いだと思う。
調子が悪ければ、休む勇気も必要だ。それが選手寿命を延ばし、長く活躍できることになる。

その点、僕は、深爪程度でも、休む勇気があるので、問題ない。

続きを読む

ラムシンの女王

2013年3月19日

インリー・シーチュンポンが大ヒットを飛ばしたことにより、このところ、日本人もラムシンを知る人が増えてきたように思う。
取り扱うブログもいくつかある。

しかし、僕は、納得がいかない。
インリー?最近、出てきたばかりじゃないか。
ジアップ?どっかいっちゃったまんまだし、Rsiamのコンピアルバムだけじゃないか。

ラムシンクイーンの名にふさわしいあの人は、どうして、取り上げないのか?
なら、僕がやりましょう。

その営業回数は、スーパーバレンタインに勝るとも劣らない。
毎日、どこかでライブをやっている。
そう、常連読者なら、もうおわかりでしょう。
その人の名は。。。。

続きを読む

コヨーテ対決~後攻

2013年3月17日

「コヨーテ対決~後攻」です。

続きを読む

コヨーテ対決~先攻

2013年3月17日

3月15日付けの記事で、「コヨーテ対決」と銘打ったのですが、
コヨーテ対決~前哨戦
どちらも中途半端に終わってしまい、決着をつけられませんでした。

決着をつけるべく、インパクト ムアントンタニに行ってきました。

続きを読む

スパンブリーミュージックフェスティバル その4

2013年3月16日

スパンブリーミュージックフェスティバル 続きの続きの続きです。

続きを読む

スパンブリーミュージックフェスティバル その3

2011年3月16日

スパンブリーミュージックフェスティバル 続きの続きです。

続きを読む

スパンブリーミュージックフェスティバル その2

2013年3月16日

スパンブリーミュージックフェスティバルの続きです。

続きを読む

スパンブリーミュージックフェスティバル その1

2013年3月16日

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けばわかるさ」

好きなアントニオ猪木の名言であり、僕の人生指針でもあります。

前日まで、遠いので、迷っていた、スパンブリーですが、行くことにしました。

続きを読む

コヨーテ対決~前哨戦

2013年3月15日

金曜日です。
バンコクに戻る日です。
この日だけで、200キロ以上の移動になりました。

ラヨーン→オンヌット(140キロ)→ノンタブリー(34キロ)→サムットプラカーン(Rat Burana)(33キロ)
→オンヌット(22キロ)

続きを読む

脚線美

2013年3月11日

ライブめぐりに必要なもの、1.情報力 2.機動力
最後は、行動力(意思)です。

続きを読む

技は力の中にあり

2010年3月10日

ライブめぐりに重要な第一は、情報収集力。
第二は、機動力です。
どんないい情報があっても、足がなければ、たどり着けません。

続きを読む

2013年3月10日 FM90 コンサート その2

2013年3月10日


FM90コンサートの続きです。

続きを読む

2013年3月10日 FM90 コンサート その1

2013年3月10日

ライブめぐりをするには、まず最初に情報を得なければなりません。
初心者にとっては、これが一番骨が折れるところです。

自分も最初は、苦労しました。
ただ、幸いなことに、始めたころ、毎週のレギュラー番組があって、とりあえず、そこに行けば、旬の歌手を見ることができました。
TTV5コンサート、ウェーティタイ、7Cコンサートなどです。
ところが、これらで、今も残っているのは、7Cのみです。

それに代わって、多くなったのは、ラジオ局主催のコンサート。
ラジオを聞いていないと、わからない。これは、タイ人仲間の口コミが大事です。

続きを読む

ラムシンの正しい楽しみ方

2013年3月8日

モーラムと呼ばれるタイ歌謡の種類の中に、ラムシンというジャンルがあります。
ラムシンとは、伝統的なモーラムをベースに、ルークトゥン、西洋音楽を取り入れ、従来のモーラムより、リズムを早くしたものです。

伝統的モーラムから、歌謡モーラムへ、歌謡モーラムからラムシンへという流れは、
ブルースからロックが生れ、ロックからハードロック、ヘヴィメタルが生れた流れによく似ていると思います。
そのノリは、まさにタテノリ。

ラムシンの正しい楽しみ方
それは、ちょっと一杯ひっかけて、いい感じで酔っ払い、ひたすら、リズムに合わせて、皆で踊りまくる。

姿勢を正して、家でCDやVCDを視聴する。
などというのは、愚の骨頂です。

ラムシンの真価が見えなくなります。

続きを読む

パトゥンタニからサムットサコンへのきわどい移動

2012年3月2日

チューリヒ経由でルークトゥン仲間のエディさんがタイに来ました。

せっかくなので、コンサートを見ましょうということで、
かなりの強行軍のはしごとなりました。

19:30 パトゥンタニ
22:00 サムットサコン

19:30のバイトゥーイが無事見れたことは、すでにお伝えした。
そのあとは、どうなるのか。

続きを読む

ルークトゥンにおける革命とは

2013年3月2日

革命児とは、
1 革命を起こす人。革命の指導者。
2 革命をもたらすような新しい仕事や事業を成し遂げる人。「文壇の―」

ルークトゥンの世界においても、革命児といってよい、歌手が過去に何人かいた。

歴史本風に

プンプアン・ドゥアンチャン
ルークトゥンの女王、現代のルークトゥンの基礎を築いた祖

ゴット・チャカパン
それまで、ルークトゥンのファン層でなかった、富裕層を取り込むことに成功。
マーケットを大きくした。

ターイ・オラタイ
ルークトゥン・イサーンの女王

そして、彼女の2011後半から2012年にかけての活躍ぶりは、後世の人をして、革命といわしめるかもしれない。

続きを読む

ワットサパーンを知ってますか?

2013年3月1日

ワット・サパーンをご存じだろうか?
いや、もちろんご存じだろう。
一昨年の大洪水の際、水没したスクンビット地区として、大きく報道された場所にあるからだ。
http://www.newsclip.be/news/20111030_032604.html


タイ在住の方は、もちろん、日本のタイフリークのみなさんも、
日本人が多く住む地区にあるワットサパーンの名前は、記憶に新しい。。。

続きを読む

ライブカレンダー

Tommyが行こうかなって、思っているライブです。
管理人へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
タグランク

最新記事
最新コメント
ブログランキング
タイランドハイパーリンクス
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ         タイ・ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。