スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日からアクセル全開!

2014年4月25日

また、あの男がタイに戻ってきた。
お土産をカバン一杯につめこんで。
あの男とは、そう、ミッキー(貢ッキー)おじさんこと、Soihiro兄貴だ。
初日から、アクセル全開で行こう!GOGOGO!

ってなわけで、空港から直行しました。セントラルチョンブリーへ。

続きを読む

スポンサーサイト

ヴァレンタインバンドの謎

2014年4月19日

アユタヤでのサバーディロードショーの帰りでした。
当初、最後は、シーナカリンの4×4 Offroad Pubでのガーリーベリーを見て、
一日を終わるつもりでしたが、アユタヤへ向かう途中、別のシンラピン(アーティスト)を見つけてしまい、
そちらを見に行くことに変更しました。

続きを読む

サバーイディ Road Show

2014年4月19日

7Cコンサート終了後、某所で某歌手に渡すものがあり、その用を済ませ、
その後、チームトミーは、アユタヤに向かいました。

続きを読む

諦めるは、心の養生

2014年4月19日


本日は、7Cコンサートでした。
リハを見る気はなかったので、10時過ぎにThe Nineに到着しました。

続きを読む

新アルバムが待ち遠しい。

2014年4月16日

まもなく、新アルバムが発売されるイン・ティティカーン
新しいアルバムは、フルオリジナルになるようで、今から楽しみです。
そのイン・ティティカーンを見に行ってきました。

続きを読む

ルークトゥン界随一のイケメン

2014年4月15日

ソンクラーンは、イベントが多い。
しかし、うかつに出かけると、攻撃され、濡れ鼠にされてしまう。
だから、穴場を探すのだ。
人が多すぎず、水かけ合戦もない、それでいて、魅力ある歌手が出る。
あるんかい?そんなところ。
あるのあるの。
そういうところを探すのが、そこらへんの素人さんと違うところなの。

続きを読む

決戦~ソンクラーンの甘い罠

2014年4月16日

タイの正月 ソンクラーンです。
イベントも各地で、やっています。当然、ライブも。
タイ音楽好きの方が、イベントを目当てに来るなら、まさに、ソンクラーンは、うってつけ!
で、す、が、、、好事魔多し。
いいことばかりじゃないのだ。

続きを読む

「サポーター」と呼んでくれ!

2014年4月14日

ライブめぐりを始めたころから、僕は、ファンではなく、「追っかけ」と自称してきました。
もちろん、ファンの延長線上に、追っかけはあるので、広い意味で、タイ音楽ファンの一人ではあります。
でも、最近、この「追っかけ」という呼称がどうも、自分自身、しっくりこなくなったのです。

続きを読む

だから、タイ語は難しい?

2014年4月13日

タイ語発音で日本人が最も難しい使い分けの一つと思われるのが、「ん」
だが、同じ「ん」でも、日本人が意識していない区別が三つあるからだ。
表にしてみると、以下のようになる。

続きを読む

壊歌れる

2014年4月8日

「壊歌れる」
タイトルをみて、何のことか?と思われたのではないでしょうか?
「こわれる」と読んでください。
もちろん、正しい日本語ではありません。僕の勝手に作った造語です。
ただ、大好きな東野圭吾さんのガリレオシリーズの短編サブタイトルを真似てみたかっただけです。
本題は、ある歌手の歌を聴いて、おいおい、壊れちゃった?とツッコミたくなったという話です。

続きを読む

今年最初の大遠征

2014年4月7日

今年最初の大遠征になった。
翌日、8日にノンカーイで用があったので、前日入りすることにし、ついでに、ライブを見ることにした。

続きを読む

帰ってきた大物

2014年4月5日

ついに、あの大物が帰ってきた。
ここしばらく、鳴りを潜めていた。
病気でもしたのか?
はたまた、改造手術?
この1か月あまり、現場には、姿を現すものの、舞台には立たず。
さりとて、怪我をした様子もない。
関係者に訊ねても、はっきりした理由はわからないまま、戦線完全復帰。

誰か?

続きを読む

ゴールデンウィークにタイへ来る方へ

2014年4月5日

ゴールデンウィークを利用して、タイにやってくる皆さま方へ
お勧めのイベントがあります。

続きを読む

お気に入りの曲No1 2014年第一四半期

2014年4月5日

過日のことである。
インスタグラムに、その日会った歌手の写真をアップしたら、あまり、奇麗に写っておりませんでした。
JaIG.jpg

これにつき、申し訳なく思い、次の機会は、奇麗に撮りますと約し、
リベンジの機会を狙っていたら、上手く、キューがあったので、行ってきました。

続きを読む

聴いてはいけないCD

2014年4月4日

普通の人は、音楽CDは、聴いて楽しむために、購入しているだろう。
VCD,DVDは、視聴が目的だ。
だが、僕は違う。
応援している歌手に対する、義理立てといおうか、サインをしてもらうためといおうか。
理由はともかく、ほとんど、聴かないし、見もしない。
その歌手のライブの前後に、確認のため、一度、かければいい方だ。

続きを読む

S.ヴァレンタイン、サモーソンチミのXXXと越境合体!?

2014年4月3日

3月にニューシングルを発表したスーパーヴァレンタイン(SV)
サモーソンチミのXXXと越境合体か!?
インスタグラムを見ていたら、SVのヌンの写真を見て、おお、これはもしや!となった。
サモーソンチミのあの人と、ダンス練習のあとの記念写真をアップしていたからだ。
サモーソンチミといえば、Rsiam。
まさか!?と、思った人は続きを読んでください。

続きを読む

タイ音楽の混沌

2014年4月2日

最近、また、ルークトゥンというものがわからなくなってきました。
ここでいう、ルークトゥンとは、狭い意味、つまり、音楽ジャンルとしての「ルークトゥン」です。
その背景には、タイ音楽界における新しい潮流です。

続きを読む

セーンチャーン ラマ2でのタンブンイベント

2014年3月31日

セーンチャーン ラマ2通りで、作家の先生が治療費をかせぐための、タンブンイベントが行われました。
Rsiam共催で、Rsiamの歌手がたくさんくるので、行ってきました。
メンバーは、

続きを読む

マーティーに訊きたい

2014年3月30日

タイトルのマーティって、誰?って感じですよね。
マーティ・フリードマンのことです。
現在、日本で活躍する日本語を流ちょうにしゃべるギタリスト兼音楽評論家です。
この人、しょうもない音楽バラエティなどに駆り出されていますが、すんごーい人なんです。

続きを読む

行動計画が重要です。

2014年3月30日

ラジオ局主催のコンサートがしばしば、行われます。
その場合、数多くの歌手がでますので、どうしても、取捨選択する必要があります。
もちろん、只ライブをみるだけなら、客席に座り、見るだけなので、この限りではありません。
僕のように、動画も撮って、かつ、写真は、ステージ上とオフショットと両方撮りたいなどと、よくばりなことを考えますと、
体が一つでは足りなくなります。行動計画を決めて、効率よくやらないと、撮り損ねてしまいます。

続きを読む

カリスマ

2014年3月29日

カリスマとは、ギリシャ語で「恵み」「恩愛」を意味する「カリス」に由来し、
新約聖書で「神からの贈り物」「神の賜物」を意味する宗教用語であった。
マックス・ヴェーバーが社会学用語としてを用い、特異性・神秘性・非人間性のある政治や宗教の指導者などをさし、
善悪問わず他の人間を支配・誘導する意味が多く含まれていた。

日本では、「カリスマ美容師」「カリスマ教師」「カリスマ店員」など、支配や誘導の意味が薄れた用法もあり、
さらに「カリスマ主婦」など、単なる「人気者」や「憧れの対象」をさす言葉として広く気軽に用いられるようになった。

僕的な解釈は、神秘的かつ非論理的なその人の魅力。あるいは、魅力あるその人。

続きを読む

音楽遍歴とマイブーム

2014年3月28日

タイ音楽の中でも、一番好きなのは、狭い意味でのルークトゥンではなく、ラムシンです。
ラムシンのスピード感が、いいのです。
タイにも、ロックはありますが、どうもテンポが遅いのです。
なんでそうなのかというと、僕のこれまでの音楽の趣味がそう感じさせるのだと思います。

続きを読む

やりたい音楽と求められる音楽

2014年3月23日

みなさんは、レイジーというアイドルバンドが日本に存在したことをご存じだろうか?
そこには、後に世界的に有名になる天才ギタリストと、後にアニソン界のプリンスと呼ばれるヴォーカリストがいたことを。

続きを読む

トランスジェンダーの星

2014年3月22日

トランスジェンダー(以下、TG)とは、一般に生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語である。
近年の国際的な人権に関する文書においては世界的に承認された普遍的定義はもたないものの、性自認が身体的性別と対応しない状態を意味する言葉として用いられる。
TGは、ある人の「割り当てられた性」とは違う「性自認」の状態にある。
TGであることは、特定の性的指向を有していることを必要条件としない。
すなわち、TJの人々は異性愛者であったり、同性愛者、両性愛者、全性愛者あるいは無性愛者であったりする可能性がある。
TGの正確な定義は不断の変化を続けているが、次の概念を含む。
 ・アイデンティティが男性ないし女性の性役割の従来の観念に明らかに一致していないが、両者の間で組み合わさっていたり動いていたりする人のこと、あるいはその人に関連しているものまたは示すもの
 ・性 (通常生まれたときに、彼らの性器に基づく) を与えられたが、間違っているあるいは不完全であると感じる人々
 ・ある者が生まれたときに割り当てられた性 (そして偽りのジェンダー) との非同一化、あるいは非表現
                                (ウィキペディアより、抜粋)

続きを読む

ライブカレンダー

Tommyが行こうかなって、思っているライブです。
管理人へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
タグランク

最新記事
最新コメント
ブログランキング
タイランドハイパーリンクス
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ         タイ・ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。