スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画竜点睛を欠く

2014年5月23日

画竜点睛を欠くとは、ほぼ完成しているが、肝心な一点が抜けているため、全体が生きてこないこと。

クーデターに伴う、外出禁止令により、ライブは軒並み中止になってしまいました。
お寺でも、早くて22時、パブは、24時くらいですから、到底、22時に帰れるわけがありません。

ならば、早い時間のイベントしか行けません。
とある歌手が、ロータス キンケーウにやってくると聞き、見に行きました。

続きを読む

スポンサーサイト

クーデターの影響?

2014年5月21日

タイで、クーデターってことで、日本にいる人は、気になっていると思う。
時系列な流れを整理すると、
20日 タクシン派と反タクシン派の長引く政治対立を受け、軍は全土に戒厳令を発令。
21日 双方の指導者や政府・与野党関係者らをバンコクの陸軍施設に集め、昨年11月の大規模デモ以来初めてとなる代表者会議を開き、対話を促していた。
22日 関係者を集めたが、妥協点を見つけられず、軍はクーデターに踏み切った。
以降、26日まで夜間禁止令が出た。

続きを読む

3(スリー)、2(ツー)、1(ワン)といえば。。。

2014年5月18日

前回の続きになります。
まだ、シンラピンは残っています。

続きを読む

接客において、大事なこと

2014年5月18日

ずい分前ですが、接客業について書かれている本を読んだとき、入ってくる客と出ていく客とどちらを重視すべきかという、課題に対し、出ていく客を重視すべきであるという記述を読んだことがある。

理由は、出ていく瞬間こそ、最後の接客の機会であり、入ってきた客に対しては、リカバリーの機会がまだあるから。
なるほどと思いました。

買い物であれ、飲食であれ、帰り際に、きちんとした対応をされれば、途中問題があっても、いい印象を持って帰ることができます。
逆に、途中が良くても、最後の最後にいやな思いをさせられたら、それが残り、次に行く気を失ってしまいます。

続きを読む

庶民の娯楽

2014年5月17日

日本における庶民の娯楽は、どんなものがあるでしょうか?
サラリーマンが会社帰りにちょっと寄って、楽しめるようなものです。
1,000円から3,000円くらいで楽しめるものです。
映画くらいしか、思いつきません。

続きを読む

色気より食い気?

2014年5月11日

この日は、アユタヤでのバイトゥーイを見て、あわよくば、タンヤブリーに回って、ウーン・ザ・スターをみようかと、考えていました。


が、タイ人からの誘惑に負けてしまいました。

続きを読む

ローンナーイサーン

2014年5月10日

初めての店に行く時は、心躍るものがあります。
Soihiro兄貴の現地視察ツアー 2014 GWシリーズのファイナルは、
それにふさわしいシンラピンです。
2013年のタイ音楽シーンの顔といっても、過言ではないでしょう。
それは、もちろん、、、

続きを読む

充実のラインナップ

2014年5月10日

4月25日より、はじまったSoihiro兄貴 現地視察ツアー 2014 GWシリーズも、今日が最終日です。
16日間で、休暇日はわずか1日でした。

ラジオコンサートが三つも入ったため、会ったシンラピンの数は、ちょっと数えきれません。
推定では、延べ150人くらいではないかと思われます。

続きを読む

タイ人が時間にルーズで、何が悪い!

2014年5月10日

タイ人は、時間にルーズだ。
タイ人に限らず、南方系の人たちは、時間にルーズな人が多い。
これは、仕方のないことだと思っている。
北に住む人のように、時間に縛られる環境にないからだ。
冬があれば、農業においては、しっかりとした生産計画が要求されるし、昼夜の温度差が厳しければ、日が落ちたら、早く帰る必要がある。

続きを読む

イマジンショップの閉店

2014年5月9日

タイ音楽マーケットのデジタル化の波も、いよいよ本格化してきたように思う。
それは、これまでの傾向に拍車をかける出来事だ。
読者なら、すでにご存じだろうが、グラミー系列のCDショップ イマジンが全支店閉鎖した。

続きを読む

寿司は、あこがれです。

2014年5月9日

寿司!
これほど、外国在住の日本人があこがれてやまない日本料理は、ないだろう。
バンコクは、他の都市よりもかなり恵まれている。
寿司を食べられる店が多くあるからだ。
いや、日本以外の場所で、もっとも寿司が充実している都市かもしれない。

続きを読む

歯がゆい二人

2014年5月9日

これは!と思って、応援している歌手が、全て順調にスターダムに乗るわけではない。
中には、伸び悩む歌手もいる。
そういうのを見ると、なかなか切ない。
特に、デビュー時から知っている歌手については、自分の娘のように、気が気でない。
これが、本当の自分の娘なら、説教のひとつも垂れてやるのだが、そういうわけにもいかない。
ただ、ひたすら暖かく見守るしかないのである。

続きを読む

道(タオ)

道教(どうきょう、Taoism)は、中国三大宗教(三教と言い、儒教・仏教・道教を指す)の一つである。
中心概念の道(タオ)とは宇宙と人生の根源的な不滅の真理を指す。
道の字は辶(しんにょう)が終わりを、首が始まりを示し、道の字自体が太極にもある二元論的要素を表している。

続きを読む

変則はしごライブ?

2014年5月7日

この日は、ギリギリまで悩みました。
スパンブリーでRsiamの大きなコンサートがあったからです。
SBD Rachauri

しかし、いかんせん、スパンは、遠い。
順調に行っても、片道2時間半はかかる。

なので、ちょっと、特殊なハシゴをして、たくさんのシンラピンに会いにいくことにした。

続きを読む

灯台もと暗し

2014年5月5日

灯台もと暗しとは、身近なことに気がつかないことが多いことのたとえです。

ヌーナーの歌を、後ろ髪をひかれつつ、あきらめて、次のキューに向かいました。
途中、相棒をピックアップする必要があり、あらかじめ時間を決めていましたから、
いくらなんでも、ドタキャンするわけにはいきません。

お目当てのシンラピンも、馴染みのシンラピンなので、行かないというのも、気が引けます。

続きを読む

僕は、ルークトゥンのファンではありません。

2014年5月5日

読者の中には、一部勘違いされている方がいるようですが、僕は、ルークトゥンのファンではありません。
ここでいう、ルークトゥンとは、一般的な意味、音楽ジャンルとしてのルークトゥンです。
だから、正統ルークトゥンともいえる、チャーイ・ムアンシン、ソッサイ・ルンポートー、サーヤン・サンヤー、ルン・スリヤーなどはほとんど聞いたことがありません。
女性歌手でも、プンプアンを原曲で聴くこともありませんし、ホンシーを聴くこともありません。

続きを読む

贅沢言って、ごめんなさい。

2014年5月4日

昨日のラチャノックの記事を読んで、
何を、ぜいたくなことを言ってんだよ!と、お叱りの声が、聞こえてくるのだが、
再び、懲りずに、ぜいたくなことを言わせてもらうことにする。
ただ、ダメだしとかではなく、率直な個人的な感想なので、ご容赦いただきたい。

続きを読む

願うことは、不幸なことである。

2014年5月3日

人間というものは、その欲望に限りがない。
他人から見れば、充分に満たされているだろうと見えても、本人は、不満を覚えていたりする。

続きを読む

補習してきました。

2014年5月2日

チョンブリー県 アマタナコンに行ってきました。
二人の新入生を連れて。。。

続きを読む

華麗なる一族~王の血脈

2014年5月1日

前回のFM95 メーデーコンサートの続きです。
過日、ある新人歌手のMVを、Youtubeで見た。
一目ぼれしてしまいました。

今回の大コンサートは、彼女に会いたさに出向いたといっても過言ではない。
彼女の名は、、、、

続きを読む

超豪華な脇役たち

2014年5月1日

メーデーです。
FM95主催のメーデーコンサートに行きました。
場所は、ランシットにあるタラートタイ
たくさん歌手が来るので、がんばって、レポしましょう。

続きを読む

パブライブの正しい楽しみ方

2014年4月30日

タイトルには、「正しい」と銘打ちましたが、本当は、どう楽しんでもいいんです。
ただ、このほうが、いいんじゃない?っという程度のものです。

続きを読む

沈魚落雁閉月羞花

2014年4月29日

沈魚・落雁・閉月・羞花とは、中国の4大美人のことです。
グラミーの沈魚落雁閉月羞花に、会いに行ってきました。

続きを読む

彼女が、客をひかせる理由

2014年4月28日

日本でもタイでも、ブレイクしないアーティストが、少ない客の前で、ステージに立った話は、よくある話。
そんな状況を見ると、気の毒な気がしてならない。
それでも、一生懸命やっているのを見ると、胸が熱くなる。
しかし、そんなメンタリティーは、タイ人にはない。と、思う。

続きを読む

目から鱗が落ちた

2014年4月27日

4月2日付けで、「タイ音楽の混沌」という題で、タイの音楽ジャンルについて、書きました。

一言でいうなら、ルークトゥンとスティリングの区別がわからなくなってきたということです。

実は、結構気にしていたのは、ブログタイトルが「チャイヨープレーンタイ」(タイの歌万歳)としておきながら、
取扱うのは、ルークトゥン歌手が90%以上になっていることでした。

ですが、とある記事を読んで、目から鱗が落ちました。

続きを読む

僕は、怒っています。

2014年4月27日

日本人が選んだ2013年度最優秀歌手に、ルークターンが選ばれました。
詳細は、こちら。http://loogthungthai.blog34.fc2.com/blog-entry-371.html
投票結果を見ると、
二位 タカテーン 三位 バイトゥーイを破っての受賞なので、あっぱれ。

その表彰式が行われる恒例の犬タンブン行事に行ってきました。

続きを読む

最強バンドにライバル出現

2014年4月26日

これは!という新人を発見し、ブログで紹介し、その新人が売れたとき、サポーター冥利に尽きます。
サポーターというのは、ファンとは違い、まだ、あまり知られていないときから、応援するもののことをいうのだ。
今回、またまた、これは!という新人を発見したので、ご紹介したい。

続きを読む

本命

2014年4月26日

「本命」とは、いろいろな意味を含むだろうが、ここでは二つの意味を持つ。
ひとつは、本命の恋人のこと。もうひとつは、お目当て(の歌手)の意味だ。

続きを読む

チョンブリーでの初体験に、すっかりメロメロ?

2014年4月25日

ブルーベリーのセントラル チョンブリーを後にし、次のキューに向かいました。
場所は、クルアサハパット

クルアサハパットといえば、記憶も新しい。
プレームRsiamとケウチャイさんと、カラオケを楽しんだ店の近くです。参照記事 美女とパタヤでデート その2 


せっかく近くまで行くのだから、運が良ければ、再会できるかも。。。

続きを読む

ライブカレンダー

Tommyが行こうかなって、思っているライブです。
管理人へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
タグランク

最新記事
最新コメント
ブログランキング
タイランドハイパーリンクス
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ         タイ・ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。