スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Rsiam

2015年11月21日

あけまして、おめでとうございます。
ブログのほうは、長い正月休みをいただいておりまして、いまだ、11月でございます。

Rsiamの年度末大型イベントであった、ルークトゥンフェスティバルがなくなってしまった。
楽しみにしていた人には、残念なお知らせである。
かくいう、僕もがっかりです。

その代わりに(なのかどうかわからないが)、始まったのが、The Rsiam というイベント

そもそも、この The Rsiamは、先のルークトゥンフェスとは、趣旨のまったくちがうものだ。
ひとことでいえば、Rsiamの大型オーディションイベントである。

この変更が、意味するところ、理由について、僕なりに考察してみたい。


1.ルークトゥンではない。
Rsiamは、もはや、ルークトゥンレーベルとはいえない。
いや、ルークトゥンレーベルとして、最大でありつつ、それ以外のジャンルも扱う総合レーベルといえよう。
そこで、イベントの冠から、ルークトゥンを外したのではないか?


2.不況の影響
タイ経済は、2014年春頃から、失速し、その後も低調状態が続いている。
そのため、スポンサーが渋くなり、規模を縮小したと思われる。
なんせ、100人を超えるので、2日に収まりきらなくなってきた。

3.新人発掘の重視
新人発掘について、Rsiamは、他のレーベルの追随を許さない。
とくに、ルークトゥンフェスのサブイベントだった、新人オーディションは、次々とドル箱新人を輩出してきた。
イム・Rsiam、カンダー・Rsiam、クルアイ・Rsiamである。
そこで、オーディションをイベントの中心にすえ、デビュー前から盛り上げていこうということではないか。

この日、その最終オーディションが行われた。

本番スタート前には、会場外に設置されたミニステージで、早くもRsiamの歌手がでて、歌います。
これまでは、オーディションのほうが、ミニステージだった。
前座扱いするには、惜しい歌手が続々と出てくる。
代表して、二名の歌手の動画をごらんいただこう。

フィルムとシア・ナパットです。

15112101_Film 投稿者 tommy-krunteep


15112102_Asia 投稿者 tommy-krunteep


本番では、挑戦者のショーがメインである。

そのつなぎ的に、Rsiamの歌手のショーという形式だ。

バイトゥーイ

15112104_Bitoey 投稿者 tommy-krunteep

クラテー

15112103_Kratae 投稿者 tommy-krunteep

サモーソンチミ

15112105_SSC 投稿者 tommy-krunteep

ジャ

15112106_Ja 投稿者 tommy-krunteep

優勝は、南部出身のターン嬢。
DSC06609_R.jpg

さっそく、写真を撮らせてもらい、FacebookとLineで、つなぎをしておいたことは、いうまでもない。
デビュー前から、抑えておく。基本ですね。


お気に召しましたら、ポチッと、押してやってください。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
      

コメントの投稿

非公開コメント

ライブカレンダー

Tommyが行こうかなって、思っているライブです。
管理人へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
タグランク

最新記事
最新コメント
ブログランキング
タイランドハイパーリンクス
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ         タイ・ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。