FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統と革新の融合

2016 年4月16日

よく、「伝統と革新の融合」などという言葉を見ますが、
実体験的に、これぞ、「伝統と革新の融合」だ!と感じることは、なかなかないのではないでしょうか?

この日、見に行ったライブでは、これこそ、「伝統と革新の融合」だ!と、感じることができました。
トップクラスの歌手ともなると、年中ライブをやっているわけですが、その内容(演出、構成など)は、すこしづつ変わっていきます。

変化点は、新曲発表、大きなイベント参加をきっかけに、内容を変えてくるのです。
ただたんに、内容が変わるというのではなく、質的に大きな向上が見られるわけです。

その人の名は、クラテー

久々の登場です。
このライブのわずか、三日前に新曲「サバット」を発表。
ライブは、しばらく見ない間に、ずいぶんと構成、内容が変わっていました。
そのレベルアップに、正直シビレました。

クラテーは、アルバムVOL3以前は、オーソドックスな、いわば伝統的路線でした。
妹クラターイが、はいった特別アルバム 「ヤンニートンンティーカオ」で徹底したヒップホップ路線への転換を迎えます。
「ラックナチュクチュク」では、脱ルークトゥン的な世界を見せます。

「トゥーッ」では、そのキレキレダンスが、さらにアップ。

そして、久々に出したシングルが、チャーイ・ムアンシンプロジェクトの「メリー」です。
レトロルークトゥンを、思い切ったヒップホップアレンジしつつ、歌唱法は、しっかりルークトゥンという、彼女ならではのコラボテクニックを炸裂させます。
MVでは、ラーマキエン風のアレンジもあり、これもまさに、「伝統と革新の融合」です。

次の「イントゥークティン~」では、ヒップホップ路線に戻り、キレキレダンスぶりは、さらに進化
歌+踊りの組み合わせでは、もう国内に敵なし。
タイのビヨンセといっていいでしょう。

そして、新曲「サバット」
只の見せパンチラが、モロチラと勘違いされて、Youtubeにアップされるや、2日間で250万ビュー、4日間で700万超と、
スポンサーにとっては、笑いの止まらない状況です。作為的にやったとしたら、天才奇才です。
内容は、サンバ・ダンサーか!?リオのカーニバルか?古代エジプトの女王様か!?
サンバもソカもベリーも含んだなんでもありラテン・ダンス!

で、ライブの方です。

16041602_Kratae 投稿者 tommy-krunteep

ですが、レトロルークトゥンあり、オペラ風あり。いつもの漫才もある。
妹クラターイは、4回の衣装替え(金がかかっているのだ。当然、彼女の衣装は、特注)

猫も杓子もサイワーシボー

16041603_Kratae 投稿者 tommy-krunteep


生サバットです。

16041604_Kratae 投稿者 tommy-krunteep

伝統をまもりつつ、革新する。
ジャンルとか、もうわからなくなっているが、そういった理屈抜きに見ていて楽しくなる。

そして、私は、断言する。

クラテーを語るならば、生で見てから、モノを言え!



お気に召しましたら、ポチッと、押してやってください。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
      

コメントの投稿

非公開コメント

安心感

クラテーのコンサートは、大も小も安心感が嬉しいです。大物の証だと感じます。

Re: 安心感

僕は、ダンサーのToshiが、韓国へ行く(デビューするらしい)ときいて、安心しました。

> クラテーのコンサートは、大も小も安心感が嬉しいです。大物の証だと感じます。

ライブカレンダー

Tommyが行こうかなって、思っているライブです。
管理人へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
タグランク

最新記事
最新コメント
ブログランキング
タイランドハイパーリンクス
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ         タイ・ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。