スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラムシンの正しい楽しみ方

2013年3月8日

モーラムと呼ばれるタイ歌謡の種類の中に、ラムシンというジャンルがあります。
ラムシンとは、伝統的なモーラムをベースに、ルークトゥン、西洋音楽を取り入れ、従来のモーラムより、リズムを早くしたものです。

伝統的モーラムから、歌謡モーラムへ、歌謡モーラムからラムシンへという流れは、
ブルースからロックが生れ、ロックからハードロック、ヘヴィメタルが生れた流れによく似ていると思います。
そのノリは、まさにタテノリ。

ラムシンの正しい楽しみ方
それは、ちょっと一杯ひっかけて、いい感じで酔っ払い、ひたすら、リズムに合わせて、皆で踊りまくる。

姿勢を正して、家でCDやVCDを視聴する。
などというのは、愚の骨頂です。

ラムシンの真価が見えなくなります。

ということを僕は、すっかり忘れていました。
だから、インリー・シーチュンポンを過少評価していました。
何度か見ましたが、いずれもたくさんの歌手の一員で、歌うのは数曲。
VCDを視聴しましたが、カオティップの方が、奇麗だし、洗練されている。ウンクワンの方が上手いし。。。
なんだか、中途半端だなとしか、思えませんでした。
あとは、垣間見える八重歯がエロイとか、足が長いとか、スタイルがいいなとか、

ともあれ、一度は、きちんと見ておきたかったので、
職場の近く(近くといっても、30キロほど離れています。車で約30分)のSatang Pub に来るという情報があったので、行ってきました。
P1100073
コンサートは、ほぼ定刻通りの23時スタート

感想から先に述べると、
とにかく、すごい!の一言

バッテリー切れのため、このあとの動画がありません。
23時にスタートしたコンサートは、01時をまわっても、終わらず。
その間、衣装替えの15分ほどを除くと、歌いっぱなしでした。
それも、ラムシンなので、切れ目なし、MCは、間奏の間に、入れてくる。
こうした構成は、ピーサドゥも同じですが、ピーでさえ、3曲に1曲くらいの割合で、スローな曲です。

ですが、インリーは、二時間の間に入れたスローな曲は、わずかに二曲。
最初の30分ほど撮影していたのですが、バッテリーが切れたのもあって、僕もスタンディングで踊りながら、見ていました。
圧倒的なスピードとパワーで押しまくる、ラムシンスタイルです。

それは、あたかも、その昔、ロードウォリアーズ(※)を初めて見た感覚に近い。


インリーに対する認識を新たにしました。


で、思いだしたのです。ラムシンの正しい楽しみ方を。

ちょっと一杯ひっかけて、いい感じで酔っ払い、ひたすら、リズムに合わせて、皆で踊りまくる。
P1100074

※ロード・ウォリアーズ(The Road Warriors)は、ホークとアニマルによって結成されたプロレスのタッグチームのユニット名。圧倒的なパワーとスピードで、敵を圧倒する。

すべての写真は、こちらのスライドショーをどうぞ。



お気に召しましたら、ポチッと、押してやってください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
      

コメントの投稿

非公開コメント

攻撃スタイル

いきなりそんな攻撃をされては、動画から目が離れないではないですか!
写真も汗だくで、一所懸命さがまたタマランです><

(そういえばRoad Warriorsは片割れが少し前に亡くなったような)

Re: 攻撃スタイル

ルックス的には、あんまり好きじゃないんですが、好みの問題を圧倒してくれました。

> いきなりそんな攻撃をされては、動画から目が離れないではないですか!
> 写真も汗だくで、一所懸命さがまたタマランです><
>
> (そういえばRoad Warriorsは片割れが少し前に亡くなったような)

ライブカレンダー

Tommyが行こうかなって、思っているライブです。
管理人へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
タグランク

最新記事
最新コメント
ブログランキング
タイランドハイパーリンクス
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ         タイ・ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。